第98回高校サッカー選手権 愛工大名電の注目選手は?平井碧とは?

今回は愛工大名電の2019年の成績と注目選手である平井碧選手について調べてみました。

愛工大名電は選手権初出場となりますが、愛知の強豪に競り勝って出場権を得たので頑張ってほしいですね。

今年の愛工大名電って強いの?

愛工大名電の2019年リーグ戦やトーナメント戦の成績をまとめてみました。

愛知県リーグ

県内のリーグは愛知県2部リーグに所属しており、10チーム中3位の成績。

愛知県2部リーグ 順位
グランパスB 1位
日本福祉大学付属 2位
愛工大名電 3位
熱田 4位
名古屋B 5位
中部大春日丘 6位
名東 7位
中部大第一 8位
東邦B 9位
西尾 10位

 

このリーグで優勝した名古屋グランパスBにも勝っている(ホーム&アウェイ方式)ことから、実力のあるチームであることがわかります。他にも選手権の予選でベスト4まで勝ち上がってきた熱田高校なども所属しています。

愛知県総合体育大会(インターハイ)

インターハイ予選では準決勝でPK戦の末敗れてベスト4です。

準決勝の相手は今回決勝で勝った岡崎城西(愛知県1部リーグ2位)です。

また、インターハイ予選の準々決勝では強豪と言われる東海学園(愛知県1部リーグ1位)を破っています。

愛知県1部リーグ 順位
東海学園 1位
岡崎城西 2位
刈谷 3位
中京大中京B 4位
東邦 5位
名古屋 6位
大同大大同 7位
愛知FC 8位
名経大高蔵 9位
三好 10位

 

選手権大会 愛知県予選

選手権の予選では

  • 準々決勝:刈谷高校(愛知県1部リーグ3位
  • 準決勝:中京大中京(東海プリンスリーグ9位)
  • 決勝:岡崎城西(愛知県1部リーグ2位)

上記のようなリーグのカテゴリが上のチームに勝っているのでかなり力のあるチームだといえます。

プリンスリーグ東海 順位
JFAアカデミー福島 1位
静岡学園 2位
清水桜が丘 3位
藤枝東 4位
帝京大可児 5位
浜松開誠館 6位
富士市立 7位
藤枝明誠 8位
中京大中京 9位
中京院中京 10位

注目選手は?

愛知県ベスト11に選出された選手が5名いるのですが、特に注目してほしい3選手を紹介していきたいと思います。

GK 安原哲平

身長181㎝の2年生ゴールキーパー

瞬発力が優れたGKでありながらキック力にも定評がある。

もともと中学まではセンターバックだった事も今のプレースタイルに生きているのかもしれない。

愛知県予選では安原の好セーブがたくさんみられた。

しかし、ハイボール処理でミスだけが心配だ。

MF 鈴置阿利登

愛工大名電の3年生エースストライカー。

決勝戦では2ゴールを決め、優勝を決定づけた。

ゴール前での冷静さに加え、ドリブルも得意としている。愛工大名電のエースとしてチームを勝利に導くゴールを期待したい。

FW 平井碧

3年生FW。

身長は169㎝と小柄ではあるが、そのテクニックが魅力の選手。

愛知県予選では中京大中京を相手にミドルシュートを突き刺している。中京大中京GKは一歩も動けずに失点している。また、決勝の岡崎城西戦ではペナルティエリア内でのヒールパスで先制点をアシスト。その後も相手二人をかわしてPKを獲得するなど、愛工大名電が勝利するにはこの選手の活躍が必須となるだろう。

まとめ

今回は愛工大名電の2019年のリーグ戦、トーナメント戦の成績をまとめて、注目選手について調べてみました。

愛工大名電の試合動画をいくつか確認しましたが、足元のテクニックがしっかりしている選手が多い印象でした。特に前線の選手は個人でチャンスを作る能力に長けています。

全国大会でもチーム全体の守備と個人技を融合して是非勝ち上がってほしいですね。

それでは。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました