オンラインで結婚式を行う「オンラインウェディング(Web結婚式)」とは? サービス一覧を比較してみた!

オンライン

こんにちわ。

今回、オンラインで結婚式(Web結婚式)を行うオンラインウェディングについて調べてみました。

コロナの影響で結婚式を行えなくなってしまったり、どうしても呼びたい人の予定が合わなかったり、予算の問題で安く済ませたいなど様々な理由があると思います。

今回調べてわかったのは、オンラインウェディングと言っても様々な種類があるということです。

  • 式場には新郎新婦だけで他の参加者はオンライン参加
  • 海外に住んでいる人だけがオンラインで参加
  • 新郎新婦が自宅から披露宴を配信

それぞれのサービスに特徴があったのでそれを一覧にして比較しました。

是非参考にしてみてください!

オンラインウェディング(Web結婚式)とは?

オンラインウェディングとは、Zoomなどのweb会議ツールを使ってオンライン上で結婚披露宴を行うものです。参加者の人々へは事前に案内状とオンラインでも披露宴を楽しめるよう工夫した専用キットなどが送られます。決められた日時に参加者はweb会議ツールへログインするとオンラインウェディングが始まります。

web会議ツールを使用しますが、披露宴ようにデザインが工夫されていたり、従来の結婚式でよく見るオープンニング映像やふたりの生い立ち映像の配信も可能です。

当日までの流れは?

  1. 電話またはメールでサービス提供会社へコンタクトし、打合せ日程を決めます。
  2. ふたりの出逢い、ふたりの歴史など、参加者に伝えたい事をニアリングしていきます。(打ち合せもオンライン対応可能)
  3. オンラインウェディングのプラン提案と契約を行います。(契約もオンラインで可能)
  4. 参加者により披露宴を近く感じてもらうための専用キットを作成します。
  5. 結婚式までに支払いをします。入金確認後、専用キットを発送します。
  6. 結婚式当日はweb会議ツールwebを使って、スタッフの方が結婚式の進行をしてくれます。自宅を装飾をご自身でする場合はスタッフの方もオンラインでの対応となります。
(※この流れは一例です。サービス提供会社によって異なりますのでご注意ください!)

気になる費用は?

費用は内容により様々ですが、自宅から配信を行う場合であれば比較的少額でオンラインウェディングを行う事が出来ます。場合によっては通常の結婚式の10分の1以下なんてこともあります。

内容によってはそれ以下にすることも可能かもしれません!

ご祝儀や引き出物は?

基本的にご祝儀は頂きません。

一部のサービスで気持ち程度を贈る事が出来るサービスもありますが、送金の方法などが複雑になるため、基本的にはご祝儀は無しです。

その代わりでは無いですが、お礼の品としての引き出物を贈ることもありません。

それは一般的な考え方として、引き出物とはご祝儀のお礼の品として贈るものだからです。

ただ、ご祝儀や引き出物に関しては考えがあるのであれば、一度相談してみるのが良いでしょう!

サービス一覧

今回調べたサービスを一覧にしました。

サービス名 開催場所 料理 金額 参加者へ
HAKU wedding online 自宅以外もOK 新郎新婦分を自宅へ配送 180,000円〜(10人想定) HAKU wedding online kit
LIVE婚 式場のみ 新郎新婦のみ 要見積 ペーパーアイテムなど
東郷記念館 式場のみ 宅配可 470,000円〜(6人想定) 御膳など
リモートウェディング 自宅以外もOK 無し 少額 配信のみ
スマートウェディング 式場が基本 無し 25,000円〜 配信のみ
ズムパ 自宅以外もOK 無し 無料 配信のみ

それでは細かく内容をみていきましょう。

HAKU wedding online

㈱スペサンが提供するサービスです。

昨今の事情で結婚式を中止・延期しなければならないカップルに対して物理的に集まらなくても結婚式が開催できるサービスを展開しました。
特徴は、HAKU wedding online kitを使って、オンラインで参加する人たちと同じ体験を共有出来るようにしているところです。HAKU wedding online kitとは、メッセージカードやランチョンマット、オリジナルグラスなどです。みんなと同じものが手元にあると共通の話題にもなり、より一層一体感が生まれます。

当日の司会進行はプロフェッショナルであるHAKUのプロデューサーが進行をサポートします。ホテルや式場で経験を積んだオリジナルウエディングのプロが携わることで、人生の節目におけるふたりの大切なセレモニーを、高いクオリティで実現出来ます!

料金は18万円〜です。(10人想定)

HAKU wedding online HP:https://weddingonline.haku-cb.com/l

LIVE婚

㈱Briaが提供するサービスです。

新郎新婦にはチャペル披露宴会場(大阪・神戸)で本格的な結婚式を行なってもらい、オンライン参加者の人々にはオンラインで結婚式の様子をリアルタイムで届けるサービスです。

オンライン参加者にも楽しんでもらうために、招待状や席札などのペーパーアイテムゲストへのギフトの選び方やお席のグループ分け映像・演出アイテム、受付装飾なども可能です。
特徴としては新郎新婦は式場で式をあげるところです。他の会社のサービスは配信する場所に指定が無く、自分の好きな場所で行えます。しかし、式場で実際に結婚式を行う事が出来るのは大きなメリットだと思います。しかし、地域が限られてくるのがデメリットにもなります。

料金は要見積です。

LIVE婚HP:https://mooo-wedding.com/report/892/

東郷記念館

が提供するサービスです。

新郎新婦は人前式と披露宴を現地行いますが、参加者は全てオンラインでの参加となります。遠く離れた親族や友人を招待することが可能です。
特徴は料理デリバリーです。新郎新婦が食べている物と同じものがデリバリーされるので披露宴に参加している実感が湧きやすくなります。画面上かもしれませんが、同じ料理を食べて同じ時間を共有できればこれほど楽しいことはないのではないでしょうか。

今回は一例の紹介となるので実際に「東郷記念館」でオンラインウェディングを行う場合は引き出物やご祝儀の打合せも必要になるかもしれませんね。

料金は47万円〜です。(6人想定)料理が含まれる分、高くなるのはしょうがありません。予算と相談して内容を決めていきましょう。

東郷記念館HP:http://www.togo.co.jp/wedding/weddingceremony

リモートウェディング

Y&Company合同会社の提供するサービスです。

披露宴の中止を余儀なくされた新郎新婦に向けて、WEB上でも結婚の報告やお相手の紹介、写真やムービーを掲載でき、友人・知人が結婚祝いを贈れるリモートウェディングを提供しています。
特徴としては

  1. 結婚の報告や感謝を伝えることが出来る
  2. 前撮り写真やオープニング動画の掲載が可能
  3. 友人が結婚祝いをWEB上で贈れる(500円〜)

このようなものがあります。

他にも姉妹サイトで「ブライズボード 」があります。これは結婚の報告やパーティーの出欠登録、新婦の結婚祝いリクエスト機能があります。結婚祝いリクエスト機能とは、友人がお祝い金を少しずつお金をWEB上に出し合います。そのお金で新婦がリクエストしていた商品を贈る事ができます。新婦に現金を渡すことは出来ないけど、みんなで何かをあげたいという気持ちに応えたサービスです。

料金は新郎新婦へのお祝い金の16%(システム利用料)とプレゼントの配送手数料10%です。

仮)集まったお祝い金が50,000万円だと8,000円が手数料として引かれます。42,000円の10%(4,200円)が配送手数料なので37,800円分のリクエスト商品が贈られてきます。

リモートウェディングHP:https://remote-wedding.com/

スマートウェディング

ニューロネット㈱が提供するサービスです。

海外や遠隔地にいるお友達、遠くのお爺ちゃん・お婆ちゃん、育児や介護で外出できない方が挙式、披露宴にスマートフォンで参加出来ます。
披露宴費用を最小限に抑えいレストラン婚や自宅婚、お二人だけの海外婚にもオススメです。
特徴としては、スマートウェディングは海外出張の人が結婚式に加出来ない時(一人だけオンライン)でも使用可能なサービスとなっているところです。

サービスで使用する機器は、披露宴会場にタブレットとプロジェクター(大型モニター)。オンライン参加者は自身のタブレットなどになります。

料金は個人設定や運営を自分でやる場合は25,000円〜となっています。しかし、事前にインターネット環境などの調査を行ってもらうのであれば50,000円〜となります。

スマートウェディングHP:http://smartwedding.us/index.html

ズムパ

㈱maricuruが提供するサービスです。
Zoomを使うことで、全世界どこからでも結婚式に参加が可能です。プロのプランナー・司会者がプロデュースを行い、参加者に愛を誓う「人前式」、オンライン乾杯やインタビュー、ゲームなど他拠点からの参加でも楽しく、安心して祝福できる結婚式を行う事が出来ます。
特徴は、コロナによる影響を鑑みて結婚式やパーティの延期・キャンセル、開催を諦めたカップルに向け、すべて無償にて提供しているところです。
オンラインウェディングを普及させるためというよりはコロナの影響で結婚式を行えないと悩んでいるカップルを救済するためのサービスです。
このようなサポートも!
  1. 電子機器の設定をしてくれる
  2. プロのウェディングプランナーが当日の運営をサポート
  3. オンラインのパーティーならではのゲームなどゲストが喜ぶ体験をお届け。

料金は無料です。まずは相談してみましょう!

まとめ

今回はオンラインで結婚式を行うオンラインウェディングについて調べてみました。
オンラインウェディングには様々な種類があって、どのようなサービスがいいのかを選択する必要があります。

  • 新郎新婦だけが式場で他の参加者はオンライン参加
  • 海外に住んでいる人だけにオンラインで参加
  • 新郎新婦が自宅から披露宴を配信

これらの内容と予算面を考えて選択するのが良いのではないでしょうか。

オンラインウェディングの感想や評判についてまとめた記事もあるのでこちらも是非確認してくださいね!

それでは。

タイトルとURLをコピーしました