【20-21シーズン】ルイス・スアレスの移籍先はどこになる!?調べてみた!

サッカー

こんにちわ。

先日のチャンピオンズリーグでバイエルンに敗退し、今季は無冠で終わってしまったバルセロナ。

そんなバルセロナでエースのルイス・スアレスに移籍の噂が浮上しています。

そこで今回は、

ルイス・スアレスの移籍先はどこになる!?

について調べてみました!

結果として、

今現在では、明確に移籍先はわかりませんでした。

各国の報道を参考に予想していきます。

それでは、詳しく見ていきましょう。

バルセロナが所属するリーグの移籍期間は?

バルセロナはスペインのトップリーグである「ラ・リーガ」に所属しています。

「ラ・リーガ」の移籍期間は8月4日〜10月5日までとなっている。

他のリーグの移籍期間

  • セリエA(イタリア)      9月1日〜10月5日まで
  • ブンデスリーガ(ドイツ)    7月15日〜10月5日まで
  • プレミアリーグ(イングランド) 7月27日〜10月16日まで
  • リーグ・アン(フランス)    6月8日〜未定

見ての通り、主要リーグには移籍可能ということですね!

ルイス・スアレスの移籍先候補は?(スペインメディア「okdiario」の報道)8月18日

スペインメディア「okdiario」の報道によると、ヨーロッパ以外のクラブへ放出するとの報道が出ています。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により経済的打撃を受けたクラブは、高給取りであるスアレスをヨーロッパ以外のクラブへ放出しようと考えているという。

引用元:Football ZONE web編集部(https://www.football-zone.net/archives/278307)

ヨーロッパ以外のクラブとは?

可能性が高いのはMLS(アメリカ)だ。

スアレスは2019年の11月にイギリスメディア『スカイスポーツ』でのインタビューでこのように答えている。

MLSはとても良い選択肢だよ。もちろん僕はバルセロナと契約を結んでいるし、このクラブでプレーできることを嬉しく思っている。でもMLSが魅力的だからこそ、将来的にどうなるかはわからない」

「僕はトップレベルで多くの実績を残してこれた。こんなチャンスが与えられたことは嬉しく思っているが、次なる個人的な目標は家族や子供にとっての安定した生活だ」

「もし移籍することになったら、家族全員で考えることになる。近年ではMLSのレベルも上がってきているし、南米の選手も多い。とても魅力的なリーグであることは確かだよ」

引用元:SOCCERKING

(https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20191124/1001448.html)

実際にヨーロッパで活躍した選手はその後、MLSでプレーすることが多い。

特に有名なのがベッカムだ。

当時はMLSへ移籍するのはとても珍しかったため、非常に注目されました。

ベッカムがMLSでプレーしてからは、全盛期を過ぎた有名選手の移籍先の選択肢となりました。

ルイス・スアレスの移籍先候補は?(ウルグアイ『Polideportivo』の報道)8月17日

『Polideportivo』の報道によると、アヤックスが獲得に向けて動いているようだ。

古巣への復帰へとなるのか。

参考:QOLY(https://qoly.jp/2020/08/17/luiz-suarez-to-ajax-iks-1)

ルイス・スアレスの移籍先候補は?(スペインメディア『ムンドデポルティーボ』の報道)8月14日

スペインメディア『ムンドデポルティーボ』によると、来夏にカタールのアル・アラビへと移籍する可能性があるようだ。

アル・アラビの監督はスアレス獲得に興味を示しており、既にスアレスとの間で話し合いも行ったとの報道もあるくらいです。

参考:Football Tribe(https://football-tribe.com/japan/2020/08/14/189467/)

まとめ

今回は、

ルイス・スアレスの移籍先はどこになる!?

について調べてみました!

結果として、

まだ、移籍先は明確に決まっていません。

あくまで各国が可能性を報道しているだけです。

しかしながら、バルセロナはコロナの影響で経営難となっているので給料の高いスアレスは移籍する可能性が高いと予想しているようです。

今後も新たな報道があれば追記していきます。

それでは。

タイトルとURLをコピーしました